賃貸借契約の準備をする


入居審査で大家のOKが出れば、いよいよ賃貸借契約の締結である。契約に必要な書類などは不動産会社から指定されるので、契約当日までに用意する。一般に契約時に必要な書類とお金は次のとおり。

●契約時に必要な書類。
①本人の住民票
②本人の印鑑(実印の指定がある場合は本人の実印と印鑑証明が必要)。
③本人の所得証明書類(源泉徴収票、住民税課税証明書、確定申告書の写しなど)。
④保証人の実印と印鑑証明。
⑤保証人の所得証明書類。

資料

●契約時に必要なお金(関東地区の場合)。
①礼金/家賃のO~2ヵ月分。②敷金/家賃の0~3ヵ月分。③仲介手数料/0~1ヵ月分(消費税がかかる)。④前家賃/最大で家賃の1ヵ月分程度。⑤火災保険料/1万~2万5000円。⑥カギの交換費用/5000~1万円程度。

『賃貸借契約を結ぶ』
賃貸借契約では、まず最初に「重要事項説明書」が提示され、その内容説明が行われる。これは賃貸物件の所在地、名称、面積、貸主、契約条件(家貨、礼金、敷金など)、用途、契約期間などを記したもので、説明は宅地建物取引業法の定めにより不動産会社の有資格者(宅地建物取引主任者)が行う。
疑問があればその場で確認し、納得すれば署名・押印する。重要事項説明書に署名・押印すると、賃貸借契約書が渡され、読むように求められる(事前に契約書を渡され、読んでおくように言われることもある)。
不明な点があれば、必ず納得のいく説明を求めること。「よくわからないけど、まあいいや」といういいかげんな姿勢は絶対にダメ。
契約書への署名・押印は、必ず納得して行うこと。契約書への署名・押印がすむと、契約に必要なお金(礼金、敷金、仲介手数料、前家賃など)を支払い、礼金と前家賃の領収証、敷金の預かり証とともに賃貸借契約書と部屋のカギを受け取る。これで契約は終了だ。


引越し先どこにしようか悩んでいる方はいますか?もしいましたら,ぜひ神戸市北区での生活をスタートさせませんか?
神戸市北区には,日本最古の温泉として由目名有馬温泉があります。そのため神戸市北区の賃貸物件で生活できたら,生活の中に癒しを求めることができます。気になる方がいましたら,ぜひ神戸市北区の賃貸情報について調べてみませんか?

都内で引っ越し先を探し中の方はいますか?しかし23区内だとどの不動産物件も高いため,自分の生活にあった物件を探すことで,悩まれている人はいますか?
そんな方にぜひオススメしたい地域があるんです。それは,府中市になります!
府中市は,東京都の中心に位置している市となっていて,多摩川が流れている自然豊かなエリアなんです。また,府中市は不動産物件の値段も安く,また物価も安いエリアとなっているので,23区内で,自分にあった物件がないと悩まれている方にオススメなんですよ!
ぜひ一度、府中市の不動産情報についてご確認ください!

さいたま市で賃貸物件を探し中の方は,南浦和周辺の賃貸物件を調べましょう。女性の方は特に治安が気になってくるかと思いますが,南浦和は繁華街がないため,住宅街が多く治安は優れています。
また,豊かな自然との共生が図られており,落ち着いた雰囲気で子育てがしやすい環境になっています。
浦和駅周辺ではスーパーマーケットやドラッグストア,金融機関なども沢山あって,生活に欠かせないものはなんでも揃っております。大宮よりも人口が少ないので,ごみごみした雰囲気を感じることもありません。
このように,魅力ある南浦和では,一人暮らしからファミリー層までの暮らしを支えている多彩な施設が多くあるエリアなんです。そんなさいたま市周辺での賃貸物件探しの際は,南浦和で見つけませんか?