静かな部屋の選び方


騒音チェックの方法としては、隣の部屋や上の階の部屋に住んでいる人に実際に音を出してもらうのがいちばん確実。壁を叩いたり、歩いてもらったり、モノを引きずってもらったり、落としてもらったりする。よく「壁や床を叩いて空っぽの音のする部屋は避け、重い感じのする部屋を選ぶといい」と言うが、これは主観に頼る部分が大きすぎて、あまりアテにならない。「重量感のある音だから大丈夫だろう」と思っても音が筒抜けという場合だってある。

街並み

いちばんいいのはフローリングの床は避けて、畳やカーペット敷きの部屋を選ぶこと。ただし最近の洋室はほとんどフローリングなので選択の余地がないのも事実。現状では最上階の部屋を選んで、上階からのフローリング騒音を避けるのが最も現実的かつ有効な対策だろう。また隣室の騒音対策では隣の部屋との間に押入やトイレ、バスなどの遮音のための空間がある間取りを選ぶのが有効。チェックポイントを整理すると、次のようになる。

①物件資料と現況のすり合わせ(間取りや付帯設備の相違点の有無)
②家具・家電の搬入・設置の可否(タンスやベッド、冷蔵庫や洗濯機などを搬入、設置できるか。階段、ドアなどの間口や天井高、梁の出っ張り、設置スペース、防水パンの有無など)
③使い勝手(キッチンの高さ、コンセントやテレビ・電話端子の位置と数、収納部の高さ・奥行き、アンペア数、ベランダの広さなど)
④陽当たり(部屋の向き、日照時間、窓の外の状況=陽射しを遮る障害物の有無など)防音・遮音性能(上下階、両隣の音の確認)付帯設備の状態(故障の有無など)。
⑤クロスやカーペット、フローリングの汚れ(修理・改修の確認)。

レンジ

●建物の設備及び管理状態。
下見では部屋の内部はしっかり見ても、建物の設備や管理状態などは意外と見落としがち。実際に入居して生活するようになれば、毎日の暮らしに直接関わるものが多く、けっして侮れない。廊下やエレベーター、ゴミ置き場などの共有スペースの管理状態、駐輪・駐車場の場所と使用方法及び管理状態、防犯上気になる構造の有無などは抜かりなくチェックしたい。
特に共有スペースの管理状態は大事。これがいいかげんな物件は、大家(管理会社)の経営姿勢も入居・者の生活態度も推して知るべしで、賃貸物件のランクとしてはお世辞にもよいとは言えない。
チェックポイントを整理すると次のようになる。・廊下、階段、エレベーター、ゴミ置き場など共有スペースの管理状態・駐輪・駐車場の場所(空きスペース)と使用方法および管理状態・防犯上気になる構造の有無(特に1階の物件では外部から侵入されやすい構造になっていないか、フェンスや植栽などを確認)。


東京都心近くで一戸建てを探している方,津田沼で探しませんか?都心近くということもあって交通アクセスには優れています。
大型ショッピングモールなどの商業施設も揃っているから暮らしていて困ることがありません。非常に住みやすい環境となっているので津田沼での一戸建ての購入についてこの機会に検討しませんか?

淀川区で生活を始めて早5年が経ちました。西中島南方駅近くで賃貸物件で生活を送っているのですが,華やかな街ということもあり,個室のオシャレな飲み屋も沢山あってなかなかオススメのエリアなんです。
ビジネス街ということもあり淀川区内で働いている私にとっては非常に暮らしやすくありがたいエリアなんです。
夏には淀川花火が見ることができますし日中からアフター5で充実しています。今以上に快適な暮らしを臨んでいるのでしたら西中島南方駅周辺の賃貸物件はオススメですよ。
西中島南方エリアには賃貸物件も豊富に揃っているので、この機会に物件を探してみませんか?

京都市で引越しを先を探している方はいますか?引越し先としてオススメしますのが,山科区の賃貸物件になります。山科区の平野部では農作物が盛んに生産されており,ナスやブドウなどが特産品としても有名です。他にも伝統的産業が脈々と受け継がれたエリアなんです。
気になる方はぜひ一度山科区の賃貸情報について確認しませんか?